こんな文房具の使い方もあるんだよ♪

私の愛用している文房具に、ホッチキスがあります。
なにに使っているのかと言えば、そのまま紙の束の整理なのですが、ときどきお裁縫の待ち針の代わりに使ったりすることもあります。
縫い合わせたい布と布をとりあえずホッチキスでパチンパチンとやってから糸で縫っていくわけです。
もちろん縫い終わったら外すわけですが、これも慣れてくるととても簡単。
待ち針に比べて外れにくいことと、一気にたくさん止められるのが魅力。
これを思いついたのは、以前、なにかのメディアでケガの応急処置としてホッチキスでとめる方法もあるのだということを知って、その応用です。
さすがに絆創膏代わりにホッチキスを使う勇気はありませんが、布の仮止めとしては重宝しています。
ちなみに糸を使わずにホッチキスだけで留めているとすぐに開いてしまいます。
そんなホッチキスですが、最近では針を使わないタイプのものが発売されているようです。
こちらは布の仮止めには利用できませんが、紙の束をまとめるのにはとても役立ちそうです。
すでに使っている友人に聴いたところ、思った以上にしっかりととまるらしく、今度見かけたらさっそく購入しようと思っています。